絵本紹介
今回はこの二冊を紹介いたします
「ぼくにげちゃうよ」
対象年齢 2歳~3歳から
DSC00875_202403071620329e5.jpg

 子うさぎと母さんうさぎのお話です。
 ある日のこと、子うさぎは家を出てどこかに行ってみたくなりました。そこで母さんうさぎに「ぼく、逃げちゃうよ」と話すと、母さんうさぎは「おまえが逃げたら、母さんは追いかけますよ。だって、おまえはとってもかわいいわたしのぼうやだもの」と答えました。「母さんが追いかけてきたら、ぼくは魚になって泳いでいっちゃうよ」と子うさぎ。すると、母さんうさぎは「おまえが小川の魚になるのなら、母さんは漁師になって、おまえをつり上げてあげますよ」と答えました。「母さんが漁師になったら、ぼくは母さんよりもずっと背の高い山の上にある岩になるよ」と子うさぎ。すると、母さんうさぎは、、

といった子うさぎと母さんうさぎの、追いかけっこのような会話がほほ笑ましい絵本。愛されているからこそ逃げたい、でも最後には安心できる場所に戻りたいそんな幼児心理が、うさぎの親子の会話を通して描かれています。
 モノクロとカラーページが見開きで交互に登場する構成は文章に弾みをつけ、次はどんな問答なのか興味をかき立てます。特にカラーページは母さんうさぎの答えがそのまま描かれ、子うさぎと母さんうさぎがいろいろなものに変身して登場。魚になったり、岩になったり、このちょっぴり奇妙な変身が子供たちの目を奪われると思います!
 子うさぎが想像の中でどんなに逃げても、母さんうさぎは子うさぎを納得させる答えで追いかけて大きな愛を証明するのですが、この「愛」の形が世代を超えて読者を魅了する絵本です!

「めっきらもっきらどおんどん」
対象年齢 3歳~
DSC00874_20240307162029d71.jpg
かんたという男の子が迷い込んだ不思議な世界のお話です。神社の境内に遊びに来たかんたは、遊び相手が見つからず、大声ででたらめの歌を歌いました。すると木の穴から奇妙な声が聞こえてきます。思わず覗き込んだ途端、かんたは穴の中に吸い込まれてしまいます。
 着いた先は夜の山。そこで奇妙なおばけたちと出会います。おばけといても、「遊ぼう」と誘ってかんたに断られると大泣きしたり、遊ぶ順番をめぐってけんかしたりという愛らしい3人組。いつの間かかんたも、奇想天外なおばけの遊びに夢中になります。
 幻想的な世界に、小さな心はわくわくしたり不安になったり。最後には「こわいよー」と叫ぶお母さんの元に帰る安心感も描かれた、冒険物語です!

かんたの現実のようで夢のような物語が描かれており、おばけとの予想がつかないやり取りが面白く「穴に落ちたらどこに行くんだろう?」「かんたはどうなるんだろう?」と‘次に何が起こるのか‘を考えながら絵本を楽しむことができるので、発想や想像力が豊かになる絵本でもあり、「めっきらもっきらどんどん」を実際に声に出して読んでみろと分かるんですが言葉のリズムが良く読むのが心地よく感じます。例えば、「ちんぷくまんぷく あっぺらこの きんぴらこ じゃんがら ぴこたこ めっきらもっきらどんどん」 「こんやはうれしや ともだちだ こんやはたのしや ともだちだ、うたえ うたえ あのうたを そらからきこえた あのうたを」などは読んでいる方も聞いている方もどこか心地良いリズムで構成されています。
そんな言葉遊びも楽しみながら、この作品の世界にどんどん引き込まれていき、絵本の楽しさを感じられる内容となっています!

もしこの絵本をどこかで見かけたときは手に取り、是非!!読んでみて下さい!(^-^)/



【 2024/03/07 13:40 】

R5年度絵本紹介 | コメント(0) |
<<ぞう組バイキング!🌟 | ホーム | 2月の様子☆★>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |