絵本紹介
とんで やすんで かんがえて

DSC00798_20240203163532dd7.jpg


❝あらすじ❞

ことりがちょっととんで、ちょっとやすんで、木の実をたべたら・・・
またちょっととんで。
そんなふうに少しずつ進んでいると、目の前にあらわれたのは広くて大きな海。

休むところも、木の実もない。
そこでどうしたらいいのかを考え始め・・・

ことりさんが前に進むにはどうしたらいい? それでも無理だったら?
ことりさんはどんなことを考えて、どんな答えを出したのでしょう。

今できることを精一杯頑張ることりの姿がとても素敵な本です。
それは子どもたちの姿とも重なる部分があります。
【自分のことは自分のタイミングで決めていいんだよ。】と応援したくなる一冊です。




えを かく かく かく

DSC00799_202402031635353b5.jpg

❝あらすじ❞

絵筆をもった男の子がかくのは・・・
とっても青い馬。
赤いわに。
黄色い牛。
ピンクのうさぎ。など・・・
現実とは違った色鮮やかな動物たちをかいていくお話。

この本を手に取り読んで見ると、現実とは違った色鮮やかな動物が描かれていて、子どもたちのお絵描きに似ているな~と共感できる一冊でした。
絵を描く時に「この色で描きなさい」という決まりもなく、『間違った色なんてない。自由な色で描いていい』という作者の美術に対する思いが込められた本です。
この絵本の作者は“はらぺこあおむし″でも有名なエリック・カールさんです☺️ 子ども達と一緒に物語の世界を楽しんでみて下さい📕✨
【 2024/02/03 16:39 】

R5年度絵本紹介 | コメント(0) |
<<ゲームあそび(^○^)☆ | ホーム | 鬼は外ー!福は内ー!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |